システムトレード初級編

配列用の初期化機能



 今回は、「配列用の初期化機能」という内容で書かせて頂きます。

 前回紹介させて頂いたソート機能よりは大分簡単です。初期化とは、全ての数値を最初の数値に戻すことです。

 使用する関数はArrayInitialize()関数になります。


int ArrayInitialize( double&array[], double value)

double&array[]
 この引数には配列を入れます。double型の後に&とついているのは、この引数で渡した変数、配列の数値を関数の中で変更する機能があります。array[]のように引数の後に[]がついているのは、その引数には配列を入れるということを表しています。ただし、aaa[3]という配列がある場合、実際に引数に書くコードはaaaだけでいいです。

 これはソート機能と同じ引数になります。


double value

 初期化する数値を入れます。基本的に0を入れることが多いですが、他の数値を入れることも可能です。配列の全ての値がここに入れた数値になります。




 下記は実際の使用例になります。

int aaa[3] = {10,20,30};

ArrayInitialize( aaa, 0);


 上記の処理でaaaの配列の中身は最初は下記でしたが、

aaa[0] = 10;
aaa[1] = 20;
aaa[2] = 30;

 初期化が終わったあとは下記になります。

aaa[0] = 0;
aaa[1] = 0;
aaa[2] = 0;



 上記の例では特に意味のない初期化をしていますが、初期化は配列を使う場合頻繁に使いますので、覚えておけば役に立つと思います。




--------------注意----------------

 内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
 実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。

<<配列用のソート機能 | TOP | 二次元配列について >>

トップページ プロフィール ブログ リンク オーダーシステム 利用規約 問い合わせ