システムトレード準備編

Blud600番台のフォルダ




 
 今回の記事は、「Blud600番台のフォルダ」です。

 MT4がアップデートされてBludが600番台になりました。色々と変更になっているのですが、一番お問い合わせを頂くのがEAが認識されないというものです。
 
 結論から申しますと、MT4が参照するデータフォルダの位置が変更されたからです。それに従い、システムやインジケーターを導入する場所が変更されました。

 以前のバージョンですと、EAを導入するのはMT4をインストールしたフォルダ > expertsでしたが、Blud600以降は下記のようなフォルダになります。
 
 C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥MetaQuotes¥Terminal¥30ほどの数字とアルファベットの羅列¥MQL4¥Experts

 このようにかなり複雑なところに変更されました。

 普通に該当フォルダを見つけるのは大変ですので、下記の方法を推奨します。

 MT4を立ち上げた後メニューバーの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選択するとBuild600の参照するフォルダが立ち上がります。



データフォルダを開く


 C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥MetaQuotes¥Terminal¥30行ほどの数字とアルファベットの羅列

 ここのフォルダが開きます。

 次にMQL4フォルダを開きます。



MQL4



 最後に、EAを導入する場合は、Expertsへ入れてください。

 インジケーターを導入する場合は、Indicatorsへ入れてください。



Experts、Indicators



 毎回この方法で探すのは手間がかかりますので、上記のショートカットフォルダを制作しておけば楽だと思います。






--------------注意----------------


内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。





<< システムの見方 | TOP | MetaTrader 4の導入 >>

トップページ プロフィール ブログ リンク オーダーシステム 利用規約 問い合わせ