システムトレード実践編

MetaTrader4とMetaTrader5の違いについて




 今回の記事は、「MetaTrader4とMetaTrader5の違いについて」です。


 MetaTrader5を取り扱っている証券会社も増えてきましたので、MetaTrader4との違いについて紹介したいと思います。

 MetaTrader4は皆様も知っての通り、プログラムの自由度が高くほとんどのEAが製作可能であり、バックテストが使い易いなど様々な役に立つ機能があります。

 MetaTrader5も基本は同じなのですが、下記のような違いがあります。


[メリット]

・有効にCPUの能力を活用できるマルチコアに対応しています。

・MQL5クラウドネットワークを使い、他のPCの能力も活用可能です。
 これにより、バックテスト(最適化)の高速化が可能です。

・バックテストで複数通貨ペアの同時取引などの検証が可能です。

・使用できる時間足が9種類から21種類に増加しました。



[デメリット]

・PCの消費メモリがMT4に比べると大きいです。

・証券会社によっては両建てが不可。(可能なところも有ります)

・同一通貨ペアのポジションが複数ある時、証券会社によっては強制的に一つのポジションにまとめられる場合が有ります。
(証券会社の仕様に依存するため、MetaTrader4と同じような仕様のところも有ります)

・採用している証券会社がまだ少ないです。

・MetaTrader4のEA、インジケーターと互換性がなく、MetaTrader4のEA、インジケーターはMetaTrader5では使用出来ません。


 普及率ではMetaTrader4のほうが優れていますが、ツール単体として見た場合には時間足の種類の豊富さ、バックテスト(最適化)の速度や複数通貨同時対応などの部分でMetaTrader5のほうが優れています。

 例えば、かなり時間のかかるバックテスト、最適化を出来るだけ早く終わらせたい。複数通貨で同時にEAを動かした場合の結果が知りたいなどには有効です。

 複数通貨で同時にEAを動かすのはポートフォリオ理論的にも理に適っていますので、リスクを軽減させたい場合などには良いかと思います。


 MetaTrader5はMetaTrader4と違いこのような点があります。気になった方はMetaTrader5を取り扱っている証券会社でデモ版をダウンロード出来ますので試してみてください。



システムトレード研究所〜FXで完全自動売買〜INDEXへ
MT4用オリジナルEAの制作・作成『オーダーシステム』 


--------------注意----------------


内容には注意を払っていますが、保障は出来ません。
実際に運用する場合は、自己責任でお願いします。




<< digitsの差の適応 | TOP

トップページ プロフィール ブログ リンク オーダーシステム 利用規約 問い合わせ